プリンセススクゥエアー:都心のライフスタイルをトータルプロデュース
Princess Square都心に住むステイタス価値ある住まいを確かな信頼のもとに
トップ > 社長のひとり言
このエントリーをはてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加
社長のひとり言
バックナンバー: 2009年  2008年  2007年  2006年 

2017-04-21

真実はいくつも

先日渡部昇一先生がお亡くなりになりました。私は生前、何年にも渡り致知出版社の「渡部昇一塾」の講演会に参加し、先生のお話を拝聴してきました。何度も、目から鱗の話をお聞きしました。お話をもう二度と聞けないのかと思うと残念な限りです。
私は学生時代、明治、大正、昭和と続いた政治史に興味があり、色々な著作を読みあさりました。日本が日露戦争の勝利で、有色民族として唯一世界の列強の仲間入りをしてから二十数年、その天国から地獄に突き落とされた原因に興味があったからです。色々な政治史本を読みましたが、どの本を読んでも張作霖爆殺事件や盧溝橋事件は、日本軍または日本人の陰謀と半ば決めつけたものばかりでした。東京裁判でこの事件の首謀者は日本人であると認定され、日本が占領から独立した時、その裁判の判決を受諾したことでその判決内容がすべて事実であるかのように報道されたせいでしょう。しかし、先生のお話を聞いているうちに少なくともその考えは合理的な疑問が残ることも教えていただきました。当時は、中国と言っても国民党政府もあれば中国共産党もあり、共産党の後ろにソ連、満州政府、その後ろに日本とそれぞれの政府の思惑があり、駆け引きがあったわけですからいったい誰がこの陰謀を起こしたのか真相は恐らく藪の中なのでしょう。事実は、一つです。しかし、真実は誰が当事者となるかによっていくつもの真実があり、後にその時の権力者によっていくらでも書き換えられるのです。
例えば、今マスコミでよく取り上げられている「教育勅語」の取り扱いに関して。教育勅語は1947年、国会で「教育勅語排除の決議」がなされている、これは事実です。でも真実はそうであったのか、これは見方によって大きく変わります。その事実をもって日本国は教育勅語を排除した、という見方。もう一つは、日本国は1951年、サンフランシスコ平和条約を締結し、翌4月発効するまで占領されていた。即ち主権は日本国にはなかったのです。1947年、占領下の国会でなされた決議は、果たして日本国民の総意だったのでしょうか?占領軍の意図によりなされた決議であり、少なくとも国民の総意ではないという見方。占領軍の意向を今流行りの「忖度」したというのであればこれは到底主権国会の決議とは言えないでしょう。どちらの見方も間違っているとは言えません。
歴史には、動かせない「事実」と、その事実に隠されたいくつもの「真実」があり、それをどう解釈するかによって事実の風景が大きく変わってくるのです。そのことを教えて頂いたのが渡部先生でした。苦労された先生のご母堂のお話も含め、もう一度講演を聞いてみたいという思いは叶わぬ夢となりました。心よりご冥福をお祈りいたします。

↑このページのTOPに戻る

2017-04-02

才能

 男子フィギュアスケートの羽生選手が劇的な逆転で世界選手権金メダルを獲得しました。フリーの演技時間は4分30秒とのことですが、素人の私が見た限りほとんどノーミスだったのではないかと思います。信じられないことですね。世界選手権という大舞台でしかも不安定な氷上で、8回ジャンプを成功し4分以上1つのミスもせず演じ切るなんて一体どんな精神力を備えていればできるのでしょうか。
 プレッシャーに負けるというのは、その舞台が大きな舞台であればあるほど選手にとって大きな壁になります。事実、オリンピックで金メダル最有力候補と言われながら本番で実力を発揮できずメダルにさえ手が届かなかった選手を何人も見てきました。これは前評判が高い選手ほどその傾向があります。あのイチロー選手でさえ、WBCに出場した際には極度のスランプに陥ったことがあるのですから精神的重圧というのはどのような人間にとっても実力を発揮できない最大の障害と言っていいのではないでしょうか。
 私事ですが、50の手習いでピアノを学び始め2年間の練習の末、人前でピアノを披露したことがあります。結果は、悲惨なものでした。普段弾けている実力の半分も出すことが出来ませんでした。(そもそも実力など無いのですが。)私ほどではないにしても大抵の人はこのような経験をしているはずです。そのような中でほんの一握りの人間だけこの精神的重圧を跳ね返し、いやそれを力に変えて実力以上の結果を導く人間がいるのです。羽生選手や体操の内村選手などもその最たるものでしょう。羽生選手に至っては、今まで本番で一度も成功していないジャンプを世界選手権の本番で成功させるというのですから正に奇跡を呼んだ、とも言えます。
 プレッシャーを跳ね返すことが出来ること、これは才能なのでしょうか、それとも訓練によって出来る技術なのでしょうか。いずれにしてもうらやましい限りです。私には到底そのような人間にはなれません。人生で何度プレッシャーに押しつぶされそうになったことか、唯、精神的な重圧というのはかかる回数が増えれば増えるほど抵抗力が出てくるものです。免疫力というのでしょうか。開き直ることが出来るようになってくるのですね。(森友学園問題で証人喚問された蓮池理事長、好き嫌いはともかくあの堂々とした態度、彼は色々な意味で地獄を見てきたのではないかと思いました。少なくとも腹は座っています。)もちろん色々な人生経験を積んでのことですから20代前半の頃にできるはずがありません。
 羽生選手は19歳の時、オリンピックでもほぼ完ぺきな演技で金メダルを取っています。東京オリンピックに向けてより多くの金メダルを日本にもたらす為には、すべての選手に、この精神的重圧に対する対処の仕方を学ばせることが一番の近道だと思います。勿論、学ぶことが出来るものであれば、の条件が付きますが。

↑このページのTOPに戻る

2017-03-14

うんざりする事

 うんざりする事と言えば、森友学園問題でしょう。この小学校の開校計画に問題がなかったとは言いません。補助金獲得のために3通の“金額の違う請負契約書”を提出したというのは問題でしょう。しかし、今のマスコミや国会での取り上げ方を見ていると本当にうんざりします。幼稚園の園長先生は公人なのですか?園長先生が7年も前に起こした暴行事件をテレビで報道するのは幾らなんでも行き過ぎでしょう。園児に「教育勅語」を暗唱させているシーンばかりを映し、さも森友学園が園児にそれを強制させているように世論を導いているところも不愉快です。マスコミは勧善懲悪を創り出し、森友=悪という図式に基づいて徹底的に枝葉末節を調べ上げ報道しているとしか思えません。そして森友学園の訴訟代理人になったことがあるという理由だけで元弁護士の防衛大臣を責める場面を見ているだけで野党のレベルの低さに呆れてしまいます。一学校法人の問題をいつまで国会で取り上げるのでしょうか?
 今回の小学校誘致に関しても小学校を新設しようとしている学校法人は大阪府では唯一森友学園だけだと聞きました。外部から小学校を新設するのが経済的に非常に難しい証拠ではないですか。その中で「日本人としての誇りを持たせる理念」で新設しようとする学校法人があれば国、地方公共団体として応援するのは大切なことじゃないでしょうか。それ自体は大いにやるべきです。学校法人を応援することと、学校法人の中身を精査することは次元が違います。新たな小学校をつくろうとする学校法人があるなら行政は応援すべきです。但し、内容をよく吟味することを怠ってはいけません。それでこの問題は終わる気がするのですが...
 「教育勅語」の問題もそうです。教育勅語は、明治時代に明治天皇が勅語という形で述べられた言葉です。当然、明治憲法下で述べられているのですから現代の憲法下では認められない表現があるのは当たり前です。120年以上前に発布されたものなのですから。その部分があるから全て駄目というのは行き過ぎです。教育勅語にはそんな枝葉末節よりも日本人として忘れてはならない普遍的な価値観が述べられているのです。その部分を大切にし、その他の部分はその時代の相対的な価値観だと流せばいいのです。
 日本人の長所は、色々な価値観を取捨選択して良い部分だけを取り上げることではないかと思います。キリスト教も、仏教も、儒教も人としての当然必要な教えの部分だけを取り上げる懐の深さが日本人の世界に誇れる文化ではないかと思います。(敬虔な宗教家から見たら許されないことかもしれませんが。)
 枝葉を取り上げてその人格を全否定しているとしか思えない政治家、マスコミを見ていると本当にうんざり....です。もっと価値ある議論をすることはないのでしょうか。

↑このページのTOPに戻る

2017-02-26

マラソンを終えて

 2017東京マラソンが終了しました。今年は初めてコースが変更になり、スタートは都庁前で変更ないのですが途中からコースが変更になりゴールが皇居前になりました。私の今までフルマラソンの経験からして、初めてのマラソン大会や、途中コースが変更になったり、マラソン名が変更になり同じコースでも参加人数が増えたりすると予期しないトラブルが起こるものです。今回はレース中にはそのようなトラブルは私が知る限りなかったような気がします。ただ、レース後はどうでしょう。今日は青天だったので問題にならなかったのかもしれませんが雨、または雪が降っていたとしたらゴール後のランナーには酷のような気がします。ゴールしてから着替えをするところまでずっと外を歩かなければなりませんから。我々のような市民ランナーにとって事前に42キロを走る練習をしていません。走っても38〜40キロです。ある意味未知の距離を走破するのですからゴールまで走っていたのにゴール後、一歩も走ることができなくなるのはザラです。すらすらと歩くことができずゆっくりと歩いていると今度は急速に体が冷えてきます。市民ランナーにとってゴール後の方が辛いのかもしれません。今日もし雨だったらと思うとゾッとしました。(私の場合、チャリティーランナーだったのでゴール後の最初の角で荷物を受け取ることができました。しかし、更衣室に行くのに地下を通らなければなりません。地下に下りる階段が滅茶苦茶辛かったです。事実私と同じ時間に地下に階段で下りていたランナーは手すりを使いながら老人より遅いペースでした。ましてやフルマラソン初挑戦の人はどうだったのか、想像するのが辛いです。)ゴール直後にランナーが座り込めば大混乱しますから広い場所まで誘導するのは仕方がないとはいえもう少し改善できないものなのでしょうか。
 レース後の話は置いておいて私にとっての今回のレースは納得のできるものでした。私は、ほとんど毎日、朝5キロのジョギングをします。これは、もう15年以上続いている日課です。毎日走るものですから、きついと思ったら続きません。ですからフルマラソンを走るための走り込みは別として毎朝のジョギングは私が一番気持ちよく走れる速度で走っています。ジョギング初心者だった38歳くらいの時は別として私にとって大体1キロ5分、5キロ25分が気持ちよく走れる速度でした。50歳を超え少し体力の衰えを感じたこともあり、夏は速度を少し落として走ったことがありましたがマラソンシーズンの冬は5キロ25分で走っていました。ところがその「気持ちよい」速度がここ2年、急に遅くなってきたのです。世にいう55歳の壁なのでしょうか?もちろん無理をすれば25分で走れます。しかし、毎朝仕事前に無理をしてジョギングをするのは本末転倒ですから、気持ちより速度で走っているのですが5キロ27〜27.5分掛かるようになってしまったのです。去年、そのような体力の衰えを認めたくない私はマラソン前のトレーニングで無理をし、本番では最初の15キロを5キロ23〜24分というオーバーペースで走ってしまいました。このラップは3,4年前の私にとっては決してオーバーペースではありませんでした。しかし「気持ちの良い」速度が遅くなっている現在の私には明らかにオーバーペースだったのです。結果は20キロ過ぎで失速、完走したものの今まで22回走ったマラソンで一番辛いマラソンの一つになってしまいました。今年のマラソンは、私の知人が大病を患い28日に手術をすることもあり、その応援願掛けで去年のタイムを必ず大幅に上回る大会にしようという決意で挑みました。オーバーペースを避け、何が何でも5キロ25分を守り35キロまでこのラップ刻み続けました。確かにきつい場面もありましたが、場面、場面で社員が応援してくれていたのです。私は今になっていうことではないかもしれませんが、沿道の応援は間違いなく私の背中を押してくれていました。今の私にとって1キロ5分ペースを守ることすらオーバーペースなのでしょうね。レース後半になるにつれ、ともすれば萎えそうになる心に喝を入れてくれたのが社員、そして沿道で応援してもらった人たちでした。どこかの企業なのでしょうか、応援団が鐘を一斉に鳴らしたり、風船状になったスティックを大勢の人が一斉にたたいたりして応援してくれていました。走りながらどれだけ力になったことか。結果、去年のタイムより10分以上短縮してゴールできました。
 「東京が一つになる」良い言葉ですね。何回も走っていながらそんなことさえ分かっていませんでした。たくさんの感動をいただきました。知人の手術も無事終わることを祈っています。

↑このページのTOPに戻る

2017-02-05

誰が言っているか

 以前も書きましたが、父が私に話していたアドバイスがあります。「人はある意見に賛成するのか反対するのかを決めるとき、何を言っているかではなく、誰が言っているかで判断される」というものです。父が言いたかったのは自分の出した提案や意見をあるグループや組織に聞き入れてもらいたいなら、その意見を聞き入れてもらう運動をするのではなく、まずその組織で自分の意見を聞いてもらえる立場になれということでした。いくら自分が正しい、あるいは最良の提案だと思っていてもその意見を聞いてもらえる立場にならなければ組織に聞き入れてもらえず、最悪その提案を潰されてしまうというのです。このアドバイスは私の人生に大きく影響を及ぼしました。私は新入社員の時、会社の待遇に不満があったり納得できない組織の習慣があったとしてもそれを口に出すのではなく、その不満を解決できる立場になることを第一に考えました。ペーペーの一社員の言うことなど聞いてもらえるはずがないと信じ、聞いてもらえる立場になるために実績を上げることに集中したのです。結果、その組織の長となった時、新人の時の不満を他山の石にして組織改革ができるようになったのです。「急がば回れ」ですね。
「何を言っているかではなく、誰が言っているか」は私にとって多くの成果をもたらした教訓となりました。

この「誰が言っているか」で世界中が大騒ぎになっていますね。もちろんトランプ大統領です。大統領就任後、2週間余りで次々と過激ともとれる大統領令を発表し世界中のメディアは大統領批判のオンパレードです。一部報道機関に対し対決姿勢を打ち出している大統領の政策をすべて批判しているように見えます。しかし、トランプ大統領が「何を言っているのか」に耳を傾けると私はそんな無茶なことをしているとは思えません。移民政策の変更を公約に掲げて当選を果たしているのですからその手段として打ち出している大統領令は当然と言えば当然です。米国民が彼の公約を認めて当選させたのです。その公約の実行をメディアが一方的に批判するのはおかしいでしょう。偏向した報道は避けるべきだと思います。移民、難民の受け入れについては非常に難しい問題だと思います。人道的な立場と自国民の安全・優遇とどちらを優先すべきなのか、善悪では判断できません。結局国民の選択に委ねるしかありません。事実、米国の世論調査で国民の半数がイスラム圏7か国出身者の入国を一時停止する大統領令を支持するという結果を見ても米国民の意見が二分しているのは明らかです。この件がどういう方向に行くとしても国民が二つに分裂することは避けられない気がします。何とも悲しい話です。

↑このページのTOPに戻る

2017-01-16

今年の不動産市況は

 寒い日が続きますね。昨日、マラソンの練習で30キロ走をしたのですが朝6時の気温は冷凍庫の中にいるようでした。そのような環境だったので記録はたいしたことなかったのですが最後までペースを落とすことなく走り終えることができました。私はとにかく汗かきで、夏の炎天下で20キロ走ると脱水症状を起こしてしまうほどです。2月に開催される東京マラソンも今日のようなむしろ寒い環境で走ることができればと願っています。(応援する方は大変ですが。)
 最近良く不動産市況、特に都心の不動産価格の今後について聞かれることが多々あります。自民党が政権を奪取して3年、東京オリンピックの開催が決定して2年あまり、都心の不動産、中古マンションも含め約3割上昇しました。場所によってはそれ以上値上がりしている物件もあります。そのせいか「そろそろ、頭打ちか」「オリンピックまでこの相場は持たないのではないか」、または「オリンピックまでのババ抜きゲームだ」等という人までいます。
 そこでこの年頭、私の勝手な不動産市況を申し上げます。都心の不動産、中古マンションに限定すれば不動産価格はオリンピックの開催時期に関わらず安定した推移を遂げ、少なくとも値下がりはしないと思います。
 何故なのか。バブル期を除き都心に限らず不動産価格は普通不動産の売り物件の数に影響します。売り物件が増えてくれば物件価格は下がり、売り物件が減少すれば物件価格は上昇します。需要と供給を考えれば当然と言えば当然です。過去、このサイクルで不動産価格は変動してきました。不動産流通機構に登録されている売却希望物件の在庫が増えてくると競合する売り物件が増えることで不動産価格は下落し、下落することで需要が増え成約が増えると売り物件が減り、売り物件が減ると不動産価格は底を打ち上昇に向かいます。このサイクルで不動産価格は上昇、下落を繰り返してきました。サブプライム問題、リーマンショック、東日本大震災、とその売り物件の在庫量と不動産価格は逆相関の関係なっていました。そして現在、都心3区の中古マンションは売却物件の在庫数はピークを迎えています。過去のデータでは不動産価格は下落するはずです。ところが不動産価格は下落に転じていないのです。在庫数が増え、成約数は減っているのに不動産の成約価格は逆に上昇しているのです。都心の中古マンションは3割以上値上がりし、すでに一次取得者が購入できる限度額を上回っている感があります。購入者が減少すれば価格は下落するはずなのになぜ下落しないのか?理由は3つ。1つは金融環境です。金融機関が貸し出しに積極的なのです。普通不動産価格が上昇し、過熱感が出てくれば金融機関は不動産向けの貸し出しに慎重になります。ところがマイナス金利の影響か、不動産価格が上昇しているのに一向に不動産向け融資に慎重になっている気配がありません。2つ目は購入するプレーヤーが増えていることです。都心の物件は外国人に好まれ常に需要が途切れず成約している感があります。値上がりした分の国内需要の減少分を外国人が埋めているとも言えます。3つ目は、やはり国内富裕層の増加でしょう。富裕層の絶対数の増加と、その財産の増加に伴い、相続対策としての不動産購入の増加があげられます。相続税評価額を減少させるには不動産の購入は欠かせません。但し、日本の高齢化問題を考えると賃借人が必ず付く都心の物件の購入が必須条件になるのです。
 このような理由から、都心の不動産が下落に転ずるのは少し考え辛いのではないでしょうか。ひょっとしたら東京の都心の不動産は香港の不動産市況に近づいていくイメージを持ったほうが良いかもしれません。

↑このページのTOPに戻る

東京中古マンションのプリンセススクゥエアー
  • 本店 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-10-8 ケイアイ新宿ビル9階 TEL(03)3377-4981
  • 目黒店 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5 クリスタルタワー8階 TEL(03)3442-4981
  • 月島店 〒104-0052 東京都中央区月島4-4-4 日本産業ビル3階 TEL(03)3533-4981
株式会社プリンセススクゥエアー
151-0053 東京都渋谷区代々木2-10-8 ケイアイ新宿ビル9階
TEL:(03)3377-4981(代)
copyright Princess Square Co.,Ltd. All rights reserved